ディズニーブログ「じゃみログ」。ディズニーランド、ディズニーシーなど、トリビア・雑学・裏話などおすすめ情報を画像つきで分かりやすく解説
 最新雑学・トリビア・裏話一覧
 最近の注目記事
 カテゴリ別人気記事ランキング
東京ディズニーランドの雑学 東京ディズニーシーの雑学 東京ディズニーリゾートの雑学 キャラクターの雑学 隠れミッキーの雑学 ディズニー/ピクサー映画の雑学 海外ディズニーの雑学 ウォルト・ディズニーの雑学 スター・ウォーズ
 雑学・トリビア・裏話 記事一覧
 ブログからのお知らせ
ディズニーの雑学・トリビア・裏話 ディズニーブログ「じゃみログ」をご覧いただき、ありがとうございます!
おかげ様で、ブログの累計PV(ページビュー)が4,000万PVを突破しました。開設当初はこれほど長くブログを続けることになるとは思っていませんでしたが、これも全て読者の皆さまあってのこと。感謝しています。これからもブログでは、多くのディズニー雑学をお届けできるよう頑張ります!
 ブログプロフィール
 ディズニーブログランキング
 リンク集
▼全て表示

スター・ウォーズがエピソード4から始まった理由

2018.01.08 Monday
このエントリーをはてなブックマークに追加
今日の順位は?→→→人気ブログランキング

スター・ウォーズがエピソード4から始まった理由_2

2017年12月に公開された「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」。大ヒットを記録するこの作品はスターウォーズシリーズの8作目となります。

スター・ウォーズが初めて公開されたのは1977年のことで今から40年以上も昔のこととなります。初めて公開されたのはエピソード4でした。

ところで、初めて公開されたのはなぜエピソード1ではなくて4だったのでしょうか。これにはある理由がありました。

スポンサーリンク


スター・ウォーズがエピソード4から始まった理由
(C)DISNEY

ダース・ベイダーの息子ルーク・スカイウォーカーを主人公に物語が展開された旧3部作のエピソード4〜6ですが、なぜ1〜3の公開が後となったのでしょうか。

理由の1つが当時の技術力。40年前の技術ではエピソード1〜3のような物語は描くことは非常に困難でした。また、資金力も理由の1つとして挙げられます。当初から全6部作といった構想はヒットするかどうかも分からないスターウォーズにとって少々無謀な構想でした。

実はこのような背景からも当初はエピソード4という表記はなく、物語はルークが主人公の3部作のみで完成となる予定でした。ところが、公開すると映画は大ヒット。その結果、エピソード1〜3でなぜアナキン・スカイウォーカーがダース・ベイダーとなったのかを描くことが実現可能となったのです。

40年前に公開され、近年ではディズニー傘下となったスターウォーズ。当初、誰もがヒットしないと思っていた作品がここまで世界規模で人気を得る作品になるとは驚きですね。


スポンサーリンク
<< ディズニーキャラクター人気ランキング2017!ベストキャラクターTOP20 | main | 「ピクサープレイタイム」で買い物袋に描かれたキャラクターの名前まとめ >>
Topページへ|ディズニーブログ「じゃみログ」
スポンサーリンク
 スポンサーリンク
 人気ディズニー裏話
 雑学・裏話サーチ(ブログ内検索)
 Facebookページ
 スポンサーリンク





スポンサーリンク