ディズニーブログ「じゃみログ」。ディズニーランド、ディズニーシーなど、トリビア・雑学・裏話などおすすめ情報を画像つきで分かりやすく解説
 最新雑学・トリビア・裏話一覧
 最近の注目記事
 カテゴリ別人気記事ランキング
東京ディズニーランドの雑学 東京ディズニーシーの雑学 東京ディズニーリゾートの雑学 キャラクターの雑学 隠れミッキーの雑学 ディズニー/ピクサー映画の雑学 海外ディズニーの雑学 ウォルト・ディズニーの雑学 スター・ウォーズ
 雑学・トリビア・裏話 記事一覧
 ブログからのお知らせ
ディズニーの雑学・トリビア・裏話 ディズニーブログ「じゃみログ」をご覧いただき、ありがとうございます!
おかげ様で、ブログの累計PV(ページビュー)が4,000万PVを突破しました。開設当初はこれほど長くブログを続けることになるとは思っていませんでしたが、これも全て読者の皆さまあってのこと。感謝しています。これからもブログでは、多くのディズニー雑学をお届けできるよう頑張ります!
 ブログプロフィール
 ディズニーブログランキング
 リンク集
▼全て表示

「アーロと少年」を観ておもしろいと感じた3つのポイント

2016.04.04 Monday
このエントリーをはてなブックマークに追加
今日の順位は?→→→人気ブログランキング
 
「アーロと少年」を観ておもしろいと感じた3つのポイント_3
via:www.youtube.com

2016年3月12日に公開されたピクサー映画「アーロと少年(原題:The Good Dinosaur)」。「もしも隕石が地球に衝突しなかったら」をテーマに、恐竜が絶滅を逃れた世界を描いた物語です。あらすじは次の通り。
------------------
主人公は恐竜のアーロと人間の少年スポット。物語はアーロが生まれるところから始まります。姉のリビーと兄のバックとほぼ同時に生まれたアーロでしたが、二人と比較して小柄な体格でかなり臆病な性格。成長してもその臆病な性格は直ることなく、なかなか家族の力になることができませんでした。

ある日、アーロは誤って川に転落してしまい、家族と離れ離れになってしまいます。路頭に迷うアーロの前に現れたのが人間の少年スポット。臆病なアーロとは相反し、猛毒を持ったヘビ相手でも平気でとびかかるスポット。2人に唯一共通するのは家族と離れ離れになってしまったという点でした。

自然と2人は共に行動するようになり、アーロは家族を探す旅に出ます。ところが旅を続ける中、スポットが命の危機に直面します。臆病なアーロはスポットを助けることができるのか。2人は家族と再会できるのか。
------------------

結論、おもしろかったです。実際に作品を観て、感じた感想を3つに絞ってまとめてみます。

スポンサーリンク
 

映像の圧倒的な美しさ

「アーロと少年」を観ておもしろいと感じた3つのポイント_4
via:www.google.co.jp/maps

映像の美しさに驚きました。年々進化しているピクサー映画ですが、植物に水がしたたる様子、嵐で氾濫する川などなど、まるで実写のような映像美が楽しめます。1995年に公開された「トイ・ストーリー」と比較すると天と地の差。10年後はどうなっているのか、ピクサーの技術レベルの進化が楽しみで仕方ありません。
 

テンポがいい

「アーロと少年」を観ておもしろいと感じた3つのポイント_1

物語のテンポがとてもよく、最初から最後まで飽きることなく楽しめました。ストーリーはディズニーならではといった王道的な展開でしたが、ギャグ要素もあります。アーロとスポットが腐った実を食べてグニャングニャンになるシーンは、これまでのディズニーにないカオスな感じでかなり斬新。劇場でチェックしてみてください。
 

子どもにも分かりやすい内容

「アーロと少年」を観ておもしろいと感じた3つのポイント_2

内容は分かりやすく、小さな子どもでも理解しやすいストーリー展開です。分かりやすくシンプルなストーリー展開ながら、ハラハラドキドキ感や笑いをうまくさそう構成はさすがピクサー映画。恐竜の物語というと日本人受けしないのか、これまでのピクサー映画と比較してあまり話題となっていない感はあります。しかし、観たら分かりますが完成度は高い映画です。

まだ観ていないという方、ぜひ一度劇場へ足を運んでみてください。


スポンサーリンク
<< 2015年度のディズニーランド・シー入園者数が100万人減! | main | ディズニーウェディングの披露宴でミッキーが乾杯前にしか登場しない理由 >>
Topページへ|ディズニーブログ「じゃみログ」
スポンサーリンク
 スポンサーリンク
 人気ディズニー裏話
 雑学・裏話サーチ(ブログ内検索)
 Facebookページ
 スポンサーリンク





スポンサーリンク