ディズニーブログ「じゃみログ」。ディズニーランド、ディズニーシーなど、トリビア・雑学・裏話などおすすめ情報を画像つきで分かりやすく解説
 最新雑学・トリビア・裏話一覧
 最近の注目記事
 カテゴリ別人気記事ランキング
東京ディズニーランドの雑学 東京ディズニーシーの雑学 東京ディズニーリゾートの雑学 キャラクターの雑学 隠れミッキーの雑学 ディズニー/ピクサー映画の雑学 海外ディズニーの雑学 ウォルト・ディズニーの雑学 スター・ウォーズ
 雑学・トリビア・裏話 記事一覧
 ブログからのお知らせ
ディズニーの雑学・トリビア・裏話 ディズニーブログ「じゃみログ」をご覧いただき、ありがとうございます!
おかげ様で、ブログの累計PV(ページビュー)が4,000万PVを突破しました。開設当初はこれほど長くブログを続けることになるとは思っていませんでしたが、これも全て読者の皆さまあってのこと。感謝しています。これからもブログでは、多くのディズニー雑学をお届けできるよう頑張ります!
 ブログプロフィール
 ディズニーブログランキング
 リンク集
▼全て表示

「シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ」を100倍楽しめる6つのポイント

2017.02.23 Thursday
このエントリーをはてなブックマークに追加
今日の順位は?→→→人気ブログランキング

「シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ」を100倍楽しめる6つのポイント

「青い空高く 帆を上げてー♪水平線の彼方をー目指せー♪」

この歌詞を見て頭の中でメロディーが自然と流れてきた人もいるのではないでしょうか。そう、ディズニーシーの「シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ」の名曲「コンパス・オブ・ユア・ハート」の歌い始めですね。

船乗りのシンドバッドと小トラのチャンドゥの壮大な冒険物語が楽しめるアトラクションで、ゲストにかなり人気の高いアトラクションです。にも関わらずパーク内が混雑した日でも比較的空いているというオマケ付き。

ただ乗るだけでも楽しいアトラクションですが、「シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ」には知っているともっと楽しめるポイントがいくつもあります。どんなポイントがあるのでしょうか。

スポンサーリンク


待ち時間はどのくらい?

ディズニーのトリビア・裏話_大混雑でも空いている!?「シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ」の魅力に迫る

休日、パーク内は恐ろしいほどの大混雑となります。「トイ・ストーリー・マニア」や「タワー・オブ・テラー」といった人気アトラクションは長蛇の列ができ、何時間も待たなければ乗れないほど。乗る前に並ぶ覚悟が必要になります。

そんな中、オススメのアトラクションがアラビアンコーストにある「シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ」。待ち時間は混雑時でも20分程で乗れてしまいます。しかも20分待つのはほんの一部の時間帯で、大体は5分、10分の待ち時間で乗れてしまいます。平日なんてもう乗り放題。

なんでそんなに待ち時間が短いの?

ディズニーのトリビア・裏話_大混雑でも空いている!?「シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ」の魅力に迫る

1つのライドの定員が24名で回転率がいいのはもちろんのこと、おそらく一番の理由は立地。アラビアンコーストはディズニーシーの中でも一番奥の方にあるテーマポートで、「シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ」はそのアラビアンコーストの中でもさらに奥に位置しています。

入場制限がかかるほどの大混雑時でも20分も待たずに乗れる数少ないアトラクションです。並ばずに乗れるからといって決してクオリティが低いというわけではありません。「シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ」には何度も乗りたくなってくる病みつきポイントがたくさんあります。

ポイント Пれアラジン&ジャスミン

シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジの隠れアラジン&ジャスミン

隠れアラジンが見られるのはこの場面。シンドバッドとチャンドゥの間になにやら地図がありますが、よく見ると魔法のじゅうたんに乗ったアラジンとジャスミンが描かれています。地図をアップにしてみましょう。

シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジの隠れアラジン&ジャスミン_2

魔法のじゅうたんに乗って楽しげな二人。まさかこんなところにアラジンとジャスミンがいるとは驚きですよね。アトラクションに乗った際はぜひチェックしてみてください。

ポイント◆А屮灰鵐僖后Εブ・ユア・ハート」を歌っている歌手

シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ_コンパス・オブ・ユア・ハートの歌手

「人生はー冒険だ 地図はなーいけーれーどー♪宝物探そうー 信じーてーコンパースオブユアハート」

一度聞くとつい口ずさみたくなってくるあのメロディ。このアトラクションは「コンパス・オブ・ユア・ハート」なしでは語れません。

あの曲を歌っているのは坂元健児という人物。名前を聞いただけでは「?」となりそうですが、実は彼は元劇団四季の人でミュージカル「ライオンキング」で初代シンバ役を演じた人。劇団四季でシンバを演じただけあって、伸びのある力強い声ですよね。

ポイント:「コンパス・オブ・ユア・ハート」を作曲した人物

シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ_コンパス・オブ・ユア・ハートを作曲した人物

「コンパス・オブ・ユア・ハート」が名曲と呼ばれるのは歌っているのが元劇団四季の初代シンバ役だったからというだけではありません。あの耳に心地よく残るメロディを作曲したのはアラン・メンケン。彼が作曲したからこそ名曲が誕生しました。

アラン・メンケンは「リトル・マーメイド」のアンダー・ザ・シーや「アラジン」のホール・ニュー・ワールドなど、誰もが聞いたことのあるディズニーの名曲を数多く世に送り出してきた人物です。そんな偉大な作曲家が「シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ」のテーマ曲を作曲したのです。

ポイントぁЮ里呂發里垢瓦暗いアトラクションだった?

シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ_昔はものすごく暗いアトラクションだった

チャンドゥというかわいい子トラと共に夢と希望にあふれた名曲「コンパス・オブ・ユア・ハート」を聞きながら冒険を楽しむ。とにかく明るい雰囲気のアトラクションですが、2007年のリニューアル前は暗いアトラクションでした。

「シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ」は、2001年9月4日から2006年9月29日までの5年間は「シンドバッド・セブンヴォヤッジ」という名前で、登場する巨人や猿たちは凶暴なキャラクターでした。

リニューアル前は「千夜一夜物語(アラビアンナイト)」が基となっていて、暗いシーンが多くどんよりしたアトラクションでした。しかしこれが不評で、2007年に大幅なリニューアルが行われました。その結果、チャンドゥという人気キャラクターと名曲が生まれたわけですね。

ポイントァД丱淵覆離縫イが楽しめる

シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ_バナナのニオイが楽しめる

アトラクションの途中、バナナの甘い香りが楽しめる場所があります。その場所は大勢の猿がいるエリア。猿たちは大量のバナナに囲まれて宴を楽しんでいて、このエリア一帯バナナの匂いが漂っています。ちなみにバナナのニオイは人工の香料が使用されています。

ポイントΑД船礇鵐疋ゥ侫.鶺涸中?

シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ_チャンドゥファン急増中?

ディズニーシーといえばダッフィー人気の高さが目立っていますが、徐々にファンが増えているのがチャンドゥ。猫のような鳴き声がかわいい子トラのキャラクターです。

2012年3月にはフードメニュー「チャンドゥテール」が「サルタンズ・オアシス」で販売開始となりました。また、ラジオ番組で人気ロックバンドのBUMP OF CHICKENでボーカル兼ギターを担当する藤原基央(ふじわら もとお)がチャンドゥ好きであると発言。チャンドゥ人気は上昇を続けています。

【関連記事】チャンドゥのデビューからの歴史

まとめ

シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ_まとめ

たくさんの魅力が詰まった「シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ」。待ち時間は短いものの、満足度はかなり高いアトラクションです。

以前アンケートを行ったところ、「シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ」の一番の魅力は名曲「コンパス・オブ・ユア・ハート」という結果。やはりあの曲あってのアトラクションなわけですね。

人気のアトラクションなのに待ち時間が短い。まるで七不思議のようなアトラクションですが、パーク内が大混雑の時は狙い目のアトラクション。まだ乗ったことがないという人はぜひ乗ってみてください。


スポンサーリンク
<< 75%オフ!?御殿場アウトレットのディズニーストアでグッズが安い! | main | 「アラジン」に隠れミッキー?トラのラジャーがミッキーに大変身 >>
Topページへ|ディズニーブログ「じゃみログ」
スポンサーリンク
 スポンサーリンク
 人気ディズニー裏話
 雑学・裏話サーチ(ブログ内検索)
 Facebookページ
 スポンサーリンク





スポンサーリンク