ディズニーブログ「じゃみログ」。ディズニーランド、ディズニーシーなど、トリビア・雑学・裏話などおすすめ情報を画像つきで分かりやすく解説
 最新雑学・トリビア・裏話一覧
 最近の注目記事
 カテゴリ別人気記事ランキング
東京ディズニーランドの雑学 東京ディズニーシーの雑学 東京ディズニーリゾートの雑学 キャラクターの雑学 隠れミッキーの雑学 ディズニー/ピクサー映画の雑学 海外ディズニーの雑学 ウォルト・ディズニーの雑学 スター・ウォーズ
 雑学・トリビア・裏話 記事一覧
 ブログからのお知らせ
ディズニーの雑学・トリビア・裏話 ディズニーブログ「じゃみログ」をご覧いただき、ありがとうございます!
おかげ様で、ブログの累計PV(ページビュー)が4,000万PVを突破しました。開設当初はこれほど長くブログを続けることになるとは思っていませんでしたが、これも全て読者の皆さまあってのこと。感謝しています。これからもブログでは、多くのディズニー雑学をお届けできるよう頑張ります!
 ブログプロフィール
 ディズニーブログランキング
 リンク集
▼全て表示

ピクサー「アーロと少年」が2016年に公開!

2015.07.18 Saturday
このエントリーをはてなブックマークに追加
第1893回、ディズニーブログテーマ『ディズニーのトリビア・裏話』。TDRをはじめとするディズニーの豆知識・雑学・秘密など、Disneyトリビアをお届けします。

じゃみログはディズニーブログランキングに参加中です。いつも応援ありがとうございます。
今日の順位は?→→→人気ブログランキング(ディズニー部門)

ディズニーの噂・裏技・裏話_ピクサー「アーロと少年」が2016年に公開!
via:www.latimes.com

2016年3月12日、ピクサー長編16作目となる最新映画「アーロと少年」が公開されます。「アーロと少年」は恐竜が主人公の物語で、「もし恐竜が絶滅しなかったら」をテーマに描かれた作品です。

タイトルの「アーロと少年」にもある通り、物語には少年も登場し、本来であれば交わることのない恐竜と人間の絆も描かれています。ちなみに原題は「The Good Dinosaur(ザ・グッド・ダイナソー」。一体、どのような作品なのでしょうか。

スポンサーリンク


ディズニーの噂・裏技・裏話_ピクサー「アーロと少年」が2016年に公開!
via:www.youtube.com

歴史上、恐竜は6500万年に絶滅したと言われています。原因とされる有力な説は、直径10kmもの巨大な隕石が地球に衝突した為。

「アーロと少年」では、その巨大な隕石がもしも地球に衝突しなかったらを前提とした物語です。

ディズニーの噂・裏技・裏話_ピクサー「アーロと少年」が2016年に公開!

地球をスルーした巨大隕石。

ディズニーの噂・裏技・裏話_ピクサー「アーロと少年」が2016年に公開!

恐竜たちの頭上を通り過ぎていきます。

ディズニーの噂・裏技・裏話_ピクサー「アーロと少年」が2016年に公開!

「んっ?」
恐竜たちはいつの間にか危機をまぬがれました。

ディズニーの噂・裏技・裏話_ピクサー「アーロと少年」が2016年に公開!

恐竜たちは絶滅をまぬがれ、繁栄していきます。進化する中で言葉を喋れるようになっていきます。

ディズニーの噂・裏技・裏話_ピクサー「アーロと少年」が2016年に公開!
via:www.latimes.com

そんな恐竜たちの中で焦点があてられたのはアーロという恐竜。アーロは甘えん坊で臆病な恐竜ですが、家族とはぐれてしまいます。不安で時間ばかりが過ぎていく中、人間の子供・スポットに出会います。

ディズニーの噂・裏技・裏話_ピクサー「アーロと少年」が2016年に公開!
via:www.youtube.com

アーロとスポットは共に行動するようになり、臆病だったアーロも力強く成長していきます。

ディズニーの噂・裏技・裏話_ピクサー「アーロと少年」が2016年に公開!

時間と共に絆を深めていくアーロとスポットですが、2人に危機が訪れます。見た目から何からすべて異なる2人がどうやって危機を乗り越えていくのか。アーロははぐれてしまった家族と再会することはできるのか。恐竜と人間は共存することができるのか。

「もしも恐竜が絶滅しなかったら」をテーマに描かれた壮大な「アーロと少年」。まだ公開は半年以上先となりますが、公開が楽しみですね。


スポンサーリンク
<< 「リロ&スティッチのフリフリ大騒動」を振り返る | main | 香港ディズニーランドにはあって東京ディズニーリゾートにはないワゴンフードとは…? >>
Topページへ|ディズニーブログ「じゃみログ」
スポンサーリンク
 スポンサーリンク
 人気ディズニー裏話
 雑学・裏話サーチ(ブログ内検索)
 Facebookページ
 スポンサーリンク





スポンサーリンク