ディズニーブログ「じゃみログ」。ディズニーランド、ディズニーシーなど、トリビア・雑学・裏話などおすすめ情報を画像つきで分かりやすく解説
 最新雑学・トリビア・裏話一覧
 最近の注目記事
 カテゴリ別人気記事ランキング
東京ディズニーランドの雑学 東京ディズニーシーの雑学 東京ディズニーリゾートの雑学 キャラクターの雑学 隠れミッキーの雑学 ディズニー/ピクサー映画の雑学 海外ディズニーの雑学 ウォルト・ディズニーの雑学 スター・ウォーズ
 雑学・トリビア・裏話 記事一覧
 ブログからのお知らせ
ディズニーの雑学・トリビア・裏話 ディズニーブログ「じゃみログ」をご覧いただき、ありがとうございます!
おかげ様で、ブログの累計PV(ページビュー)が4,000万PVを突破しました。開設当初はこれほど長くブログを続けることになるとは思っていませんでしたが、これも全て読者の皆さまあってのこと。感謝しています。これからもブログでは、多くのディズニー雑学をお届けできるよう頑張ります!
 ブログプロフィール
 ディズニーブログランキング
 リンク集
▼全て表示

入場制限がかかると無料になるものとは…?

2015.07.07 Tuesday
このエントリーをはてなブックマークに追加
第1876回、ディズニーブログテーマ『ディズニーのトリビア・裏話』。TDRをはじめとするディズニーの豆知識・雑学・秘密など、Disneyトリビアをお届けします。

じゃみログはディズニーブログランキングに参加中です。いつも応援ありがとうございます。
今日の順位は?→→→人気ブログランキング(ディズニー部門)

ディズニーの噂・裏技・裏話_入場制限がかかると無料になるものとは

パーク内が大混雑すると入場制限がかかることがあります。入場制限がかかると日付指定のパスポートかランド・シー個々の年間パスポート(単パス)でないと入園できません(2パーク共通年間パスポートでは入れません)。

例え入園できたとしても入場制限がかかっているということはとてつもなく混雑しているということ。人気アトラクションは数時間待ちは当たり前。ちょっとしたワゴンフードを買おうにも時間がかかります。

一見悪いことばかりの入場制限ですが、人によってはお得なこともあります。入場制限の場合に無料になるものがあるのです。一体、入場制限で無料になるものとは何なのでしょうか。

スポンサーリンク


ディズニーの噂・裏技・裏話_入場制限がかかると無料になるものとは

入場制限だと駐車場代が無料に

入場制限で無料になるもの、それは駐車場代。年間パスポートで単パス、もしくは日付指定パスポートを持っていれば入場制限でも入園できるので、ただで駐車できてお得になります。

いくらお得?

東京ディズニーランド・シーの駐車場代は次の通りです。
・普通乗用車:平日2,500円、土日祝3,000円
・大型車:平日4,500円、土日祝5,000円
・二輪車:平日500円、土日祝500円

入場制限がかかるのは大抵の場合は土日祝日。ということは普通乗用車で3,000円の駐車場代がまるまるお得になります。ただし、入場制限がかかっているくらいなのでパーク内は激混みです。

なんで駐車場代が無料に?

一般的に駐車場を利用する目的は何でしょうか。スーパーだったら買い物の為、銭湯ならばお風呂に入る為。ディズニーリゾートならランド・シーに入園する為ですよね。しかし、入場制限がかかっているとその目的が果たせません。目的が果たせないのにお金を払わせられたらゲストからは苦情の嵐です。

ちなみに、駐車場が無料になるのは入場制限がかかっているほうのパークだけ。ランドが入場制限でシーが制限かかっていない場合はランドの駐車場だけ無料になります。

単パスを持っているゲストは、あえて入場制限の日に行くということも。激混みでマイナスイメージが強い入場制限ですが、ゲストによってはちょっとした利点もあるわけですね。


スポンサーリンク
<< ピクサーはバービーをトイストーリー1作目に登場させる予定だった…? | main | ディズニー夏イベントで登場するスーベニア付きメニューをチェック! >>
Topページへ|ディズニーブログ「じゃみログ」
スポンサーリンク
 スポンサーリンク
 人気ディズニー裏話
 雑学・裏話サーチ(ブログ内検索)
 Facebookページ
 スポンサーリンク





スポンサーリンク