ディズニーブログ「じゃみログ」。ディズニーランド、ディズニーシーなど、トリビア・雑学・裏話などおすすめ情報を画像つきで分かりやすく解説
 最新雑学・トリビア・裏話一覧
 最近の注目記事
 カテゴリ別人気記事ランキング
東京ディズニーランドの雑学 東京ディズニーシーの雑学 東京ディズニーリゾートの雑学 キャラクターの雑学 隠れミッキーの雑学 ディズニー/ピクサー映画の雑学 海外ディズニーの雑学 ウォルト・ディズニーの雑学 スター・ウォーズ
 雑学・トリビア・裏話 記事一覧
 ブログからのお知らせ
ディズニーの雑学・トリビア・裏話 ディズニーブログ「じゃみログ」をご覧いただき、ありがとうございます!
おかげ様で、ブログの累計PV(ページビュー)が4,000万PVを突破しました。開設当初はこれほど長くブログを続けることになるとは思っていませんでしたが、これも全て読者の皆さまあってのこと。感謝しています。これからもブログでは、多くのディズニー雑学をお届けできるよう頑張ります!
 ブログプロフィール
 ディズニーブログランキング
 リンク集
▼全て表示

日本で昔、ミッキーよりもバンビやピノキオのほうが人気があった理由

2018.08.12 Sunday
このエントリーをはてなブックマークに追加
今日の順位は?→→→人気ブログランキング

日本で昔、ミッキーよりもバンビやピノキオのほうが人気があった理由

東京ディズニーリゾートの主役でもあり一番人気のキャラクターといえばミッキーマウス。ミッキーの存在なくしてディズニーランドは成り立ちませんでした。

さて、今では不動の人気を誇るミッキーですが、昔日本ではミッキーよりもバンビやピノキオのほうが人気が高い時代がありました。一体なぜ、ミッキーよりもバンビやピノキオのほうが人気が高かったのでしょうか。

スポンサードリンク

日本で昔、ミッキーよりもバンビやピノキオのほうが人気があった理由_2

白雪姫が日本で初めて公開されたのは1950年のこと。バンビは翌年の1951年、ピノキオは1952年に公開されました。

鉄腕アトムの作者・手塚治虫はディズニーアニメに魅了され、白雪姫は50回、バンビは80回以上も映画館に足を運ぶほどハマってしまいました。当時は手塚治虫だけでなく、日本中がディズニー映画に魅了されていました。

かつてディズニー映画が日本で話題を集めていたものの、ディズニーの主役であるミッキーマウスはあまり認知度は高くありませんでした。その為、ミッキーはあまり人気がなかったのです。ミッキーの人気が急上昇したのは1983年に東京ディズニーランドがオープンしてからのこと。

ミッキーは今では一番の人気者ですが、昔はあまり人気がなかったとは意外な事実ですね。


スポンサーリンク
<< その差3倍!?センター・オブ・ジ・アースとインディ・ジョーンズ・アドベンチャーの速度比較 | main |
Topページへ|ディズニーブログ「じゃみログ」
スポンサーリンク
 スポンサーリンク
 人気ディズニー裏話
 雑学・裏話サーチ(ブログ内検索)
 Facebookページ
 スポンサーリンク





スポンサーリンク