ディズニーブログ「じゃみログ」。ディズニーランド、ディズニーシーなど、トリビア・雑学・裏話などおすすめ情報を画像つきで分かりやすく解説
 最新雑学・トリビア・裏話一覧
 最近の注目記事
 カテゴリ別人気記事ランキング
東京ディズニーランドの雑学 東京ディズニーシーの雑学 東京ディズニーリゾートの雑学 キャラクターの雑学 隠れミッキーの雑学 ディズニー/ピクサー映画の雑学 海外ディズニーの雑学 ウォルト・ディズニーの雑学 スター・ウォーズ
 雑学・トリビア・裏話 記事一覧
 ブログからのお知らせ
ディズニーの雑学・トリビア・裏話 ディズニーブログ「じゃみログ」をご覧いただき、ありがとうございます!
おかげ様で、ブログの累計PV(ページビュー)が4,000万PVを突破しました。開設当初はこれほど長くブログを続けることになるとは思っていませんでしたが、これも全て読者の皆さまあってのこと。感謝しています。これからもブログでは、多くのディズニー雑学をお届けできるよう頑張ります!
 ブログプロフィール
 ディズニーブログランキング
 リンク集
▼全て表示

ディズニーシーのシンボルがアクアスフィア(地球儀)になった理由

2013.08.25 Sunday
このエントリーをはてなブックマークに追加
今日の順位は?→→→人気ブログランキング
 
ディズニーの噂・裏技・裏話_アクアスフィア

東京ディズニーシーのシンボルといえば、エントランスにある巨大な地球儀アクアスフィア。直径8メートルもの巨大なアクアスフィアには、上から水が流れ、海の様子を表現しています。

さて、今ではシーの不動のシンボルとなったアクアスフィアですが、当初は地球儀をシンボルとすることに対してアメリカのディズニー社は反対していました。一体なぜ、最終的に地球儀がシンボルに決定したのでしょうか。

スポンサーリンク


東京ディズニーシーのシンボルについて、ディズニーのクリエイターとオリエンタルランドのクリエイターの意見がぶつかりました。はじめ、ディズニーのクリエイターはシンボルに灯台を提案してきました。アメリカでは灯台は明るく華やかな存在。冒険者が帰ってくる港など、アメリカ人は灯台に明るいイメージを持っています。

オリエンタルランドはこの提案に反対しました。日本人にとっては灯台は岬の先端にポツンとあるような寂しいイメージ。アメリカとは文化の違いがありました。

テーマパークに遊びに来ているのに、灯台がシンボルではなんだか寂しくなる。オリエンタルランドはディズニーのクリエイターを実際に日本の灯台まで連れていきました。岬の先端にポツンと立った寂しい灯台を見て、ディズニーのクリエイターはようやく灯台の提案を取り下げることとなりました。

東京ディズニーシーを建設するにあたって、文化の違いでいろいろと苦労があったわけですね。


スポンサーリンク
<< ディズニーハロウィーンに登場するスケルトンは生前何をしていた人たちなのか…? | main | 東京ディズニーランドのオープン当初、ゲストはとてもシャイだった…? >>
Topページへ|ディズニーブログ「じゃみログ」
スポンサーリンク
 スポンサーリンク
 人気ディズニー裏話
 雑学・裏話サーチ(ブログ内検索)
 Facebookページ
 スポンサーリンク





スポンサーリンク