ディズニーブログ「じゃみログ」。ディズニーランド、ディズニーシーなど、トリビア・雑学・裏話などおすすめ情報を画像つきで分かりやすく解説
 最新雑学・トリビア・裏話一覧
 最近の注目記事
 カテゴリ別人気記事ランキング
東京ディズニーランドの雑学 東京ディズニーシーの雑学 東京ディズニーリゾートの雑学 キャラクターの雑学 隠れミッキーの雑学 ディズニー/ピクサー映画の雑学 海外ディズニーの雑学 ウォルト・ディズニーの雑学 スター・ウォーズ
 雑学・トリビア・裏話 記事一覧
 ブログからのお知らせ
ディズニーの雑学・トリビア・裏話 ディズニーブログ「じゃみログ」をご覧いただき、ありがとうございます!
おかげ様で、ブログの累計PV(ページビュー)が4,000万PVを突破しました。開設当初はこれほど長くブログを続けることになるとは思っていませんでしたが、これも全て読者の皆さまあってのこと。感謝しています。これからもブログでは、多くのディズニー雑学をお届けできるよう頑張ります!
 ブログプロフィール
 ディズニーブログランキング
 リンク集
▼全て表示

「ドナルドの声を頼む…」 次の声優へ受け継がれた命のバトン

2013.05.08 Wednesday
このエントリーをはてなブックマークに追加
tag:キャラクター

今日の順位は?→→→人気ブログランキング
 
ディズニーの噂・裏技・裏話_ドナルドの声を頼む…ドナルドダックの声優に隠された感動秘話とは
via:en.wikipedia.org/wiki/Donald_Duck

ドナルドダックとデイジーダックは当初同じ声優だった…?」では、ドナルドダックの声優を半世紀近くの間、クラレンス・ナッシュという人物が担当していたとお伝えしました。クラレンス・ナッシュは1985年に白血病で亡くなるまで、180もの作品に携わってきました。ディズニーに大きな功績を残した人物です。

さて、クラレンス・ナッシュが亡くなったことにより、ドナルドの声優は別の人物が担当しなければなりませんでした。次のドナルドの声優に指名されたのは、当時18歳とまだ若いトニー・アンセルモという人物。

ドナルドの声優となると、そう簡単に代わりの声優が見つかりません。一体、何をきっかけにトニー・アンセルモが指名されたのでしょうか。

スポンサーリンク
 
ディズニーの噂・裏技・裏話_ドナルド・ダックの声優に隠された感動秘話
via:land.allears.netimages4.wikia.nocookie.net
(左:クラレンス・ナッシュ、右:トニー・アンセルモ)

トニー・アンセルモはディズニーでアニメーターとして働いていました。ある日、初代ドナルドのクラレンス・ナッシュと出会い、トニーの人生は転機を迎えます。

トニーはクラレンスの影響で、ドナルドの声真似をするようになります。はじめは遊び感覚だったものの、気づくと常にドナルドの声を極めるべく、毎日練習するように。シャワールーム、車の中、あらゆる所でドナルドの声を真似するようになったのです。

声真似をしてはクラレンスに披露し、次第にトニーはクラレンスにドナルドの声を認めてもらえるようになりました。そして、クラレンスはトニーに会うとドナルドのクイズを出すようになります。声だけでなく、ドナルドがどういう時にどう感じるかといった気持ちの面もトニーに伝えていきました。

ドナルドを通じて、まるで親子のように絆を深めていったクラレンスとトニーですが、残念なことにクラレンスに命の期限が切られることとなります。理由は白血病。余命も僅かとなったクラレンスは、トニーに「ドナルドを声を頼む」と命のバトンを渡しました。トニーは声を詰まらせながら「生き続けて」と語りかけたものの、クラレンスは帰らぬ人に。80歳でその生涯を閉じました。そして、ドナルドの声優という大仕事は当時まだ18歳だったトニーに託されました。

トニーは今も、クラレンスの命のバトンを胸にドナルドの声優を担当しています。ドナルドの声優にこのようなバックストーリーがあったとは、感動的な話ですね。


スポンサーリンク
<< ウエスタン・シューティングギャラリーで金の保安官バッジを貰えることがある…? | main | プーさんのハニーハントは480分待ちを記録したことがある…? >>
Topページへ|ディズニーブログ「じゃみログ」
スポンサーリンク
 スポンサーリンク
 人気ディズニー裏話
 雑学・裏話サーチ(ブログ内検索)
 Facebookページ
 スポンサーリンク





スポンサーリンク