ディズニーブログ「じゃみログ」。ディズニーランド、ディズニーシーなど、トリビア・雑学・裏話などおすすめ情報を画像つきで分かりやすく解説
 最新雑学・トリビア・裏話一覧
 最近の注目記事
 カテゴリ別人気記事ランキング
東京ディズニーランドの雑学 東京ディズニーシーの雑学 東京ディズニーリゾートの雑学 キャラクターの雑学 隠れミッキーの雑学 ディズニー/ピクサー映画の雑学 海外ディズニーの雑学 ウォルト・ディズニーの雑学 スター・ウォーズ
 雑学・トリビア・裏話 記事一覧
 ブログからのお知らせ
ディズニーの雑学・トリビア・裏話 ディズニーブログ「じゃみログ」をご覧いただき、ありがとうございます!
おかげ様で、ブログの累計PV(ページビュー)が4,000万PVを突破しました。開設当初はこれほど長くブログを続けることになるとは思っていませんでしたが、これも全て読者の皆さまあってのこと。感謝しています。これからもブログでは、多くのディズニー雑学をお届けできるよう頑張ります!
 ブログプロフィール
 ディズニーブログランキング
 リンク集
▼全て表示

ディズニーランド・シー内で館内放送が行われる2つのケース

2016.09.16 Friday
このエントリーをはてなブックマークに追加
今日の順位は?→→→人気ブログランキング

パーク内で館内放送が行われる2つのケース_1

普段、ディズニーパーク内では基本的に館内放送はされません。混雑するパーク内では迷子になってしまう子どももたくさんいますが、それでもディズニーでは館内放送無しで見事に問題解決をしています。

【関連記事】パーク内で迷子の館内放送がされないのはなぜか…?

実際、インパーク中に迷子の館内放送など聞いたことありませんよね。もし館内放送がバンバン流れれば夢の世界の雰囲気も台無しです。

さて、そんなディズニーリゾートでも、館内放送が流れることは稀にあります。一体、パーク内で館内放送が流れるのはどのような場面なのでしょうか。

スポンサーリンク


パーク内で館内放送が行われる2つのケース_2

パーク内で館内放送が流れるケースは大きく2つあります。

緊急時の呼び出し

まずはゲストに緊急事態が起きた場合。ゲストが急病で倒れたり、事故により重傷を負った場合などに同行者が見当たらない場合、館内放送で呼び出すことがあります。緊急時は館内放送を使用せざるを得ないわけですね。

災害時

もう1つの理由としては、災害などにより問題が発生した場合。災害などにより交通機関がマヒしてしまうなど、ゲストに大きな影響を及ぼす事態が起きた場合は館内放送により通知を行います。記憶に新しいのは、東日本大震災のようなケースですね。

これら館内放送は年に数える程度しか行われません。館内放送が行われるということは非常事態ということ。館内放送が流れた際は、自分に何かできることはないか意識してみるといいかもしれませんね。


スポンサーリンク
<< 数量限定!キッコーマンからディズニーデザインの限定ボトルが登場! | main | 一番残虐なのは誰?ディズニーヴィランズ悪い奴ランキングTOP3 >>
Topページへ|ディズニーブログ「じゃみログ」
スポンサーリンク
 スポンサーリンク
 人気ディズニー裏話
 雑学・裏話サーチ(ブログ内検索)
 Facebookページ
 スポンサーリンク





スポンサーリンク