ディズニーブログ「じゃみログ」。ディズニーランド、ディズニーシーなど、トリビア・雑学・裏話などおすすめ情報を画像つきで分かりやすく解説
 最新雑学・トリビア・裏話一覧
 最近の注目記事
 カテゴリ別人気記事ランキング
東京ディズニーランドの雑学 東京ディズニーシーの雑学 東京ディズニーリゾートの雑学 キャラクターの雑学 隠れミッキーの雑学 ディズニー/ピクサー映画の雑学 海外ディズニーの雑学 ウォルト・ディズニーの雑学 スター・ウォーズ
 雑学・トリビア・裏話 記事一覧
 ブログからのお知らせ
ディズニーの雑学・トリビア・裏話 ディズニーブログ「じゃみログ」をご覧いただき、ありがとうございます!
おかげ様で、ブログの累計PV(ページビュー)が4,000万PVを突破しました。開設当初はこれほど長くブログを続けることになるとは思っていませんでしたが、これも全て読者の皆さまあってのこと。感謝しています。これからもブログでは、多くのディズニー雑学をお届けできるよう頑張ります!
 ブログプロフィール
 ディズニーブログランキング
 リンク集
▼全て表示

ディズニーランド・シーのアトラクション総工費(建設費用)ランキングTOP10

2017.02.08 Wednesday
このエントリーをはてなブックマークに追加
今日の順位は?→→→人気ブログランキング

ディズニーの噂・裏技・裏話_東京ディズニーリゾートで最も総工費が高いアトラクションとは

テーマパークで絶対に欠かせない要素の1つがアトラクション。アトラクションのないテーマパークはもはやテーマパークではありません。ディズニーランド・シーでは、ディズニー映画の世界観を再現したアトラクションや大迫力のジェットコースター型アトラクションなど、多種多様なアトラクションが楽しめます。

子どもから大人まで楽しめるアトラクションがたくさんある中、気になるのがお金の話。割と最近だと、2012年7月9日に東京ディズニーシーにオープンした「トイ・ストーリー・マニア」の総工費は115億円。想像もできないようなとんでもない金額です。

サラリーマンの平均年収を400万円と考えた場合、2875年働いてようやく115億円です。何十回も人生をやり直さなければこの金額には届きません。

かなりお金のかかるアトラクション。では東京ディズニーリゾートの中で最も総工費が高いアトラクションは何なのでしょうか。トップ10の高額アトラクションをご紹介します。

スポンサーリンク


第9-10位:レイジングスピリッツ、ビッグサンダーマウンテン

総工費ランキング第9位:ビッグサンダーマウンテン

同率で9位となったのはランドの「ビッグサンダー・マウンテン」とシーの「レイジングスピリッツ」。どちらも約80億円の総工費がかかっています。年収400万円のサラリーマンが2000年働かなければこの金額には届きません。

第8位:モンスターズ・インク“ライド&ゴーシーク!”

総工費ランキング第8位:モンスターズ・インク ライド&ゴーシーク!

2009年4月15日にオープンしたランドの「モンスターズ・インク“ライド&ゴーシーク!”」。映画「モンスターズ・インク」の世界を再現したアトラクションで、大変人気の高いアトラクションです。総工費は約100億円

第7位:プーさんのハ二ーハント

総工費ランキング第7位:プーさんのハニーハント

2000年9月1日にオープンしたランドの「プーさんのハニーハント」。ランドでは最長となる480分(8時間)の待ち時間を記録するなど、大人気のアトラクションです。総工費は約110億円

第6位:トイ・ストーリー・マニア!

総工費ランキング第6位:トイ・ストーリー・マニア

2012年7月9日にシーにオープンした「トイ・ストーリー・マニア」。過去最高の待ち時間は「プーさんのハニーハント」を超える500分(8時間20分)。シーでは最長となる待ち時間記録を保持しています。総工費は約115億円

第5位:スター・ツアーズ

総工費ランキング第5位:スター・ツアーズ

意外や意外、ここで「スター・ツアーズ」の登場です。1989年7月12日にランドでオープンした「スター・ツアーズ」ですが、「スター・ウォーズ」の世界観を元に宇宙空間が再現されました。細部にまでこだわって開発された「スター・ツアーズ」は総工費が約140億円。5位に入り一気に金額が上がってきました。

ちなみに、2013年5月7日にリニューアルオープンした「スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」はリニューアルに約70億円かかっています。

第4位:カリブの海賊

総工費ランキング第4位:カリブの海賊

1983年4月15日にランドでオープンした「カリブの海賊」。ランドのオープン当初からあるアトラクションで、海賊の世界が体験できる大迫力のアトラクションです。総工費は約160億円

ここまで紹介したアトラクション7つはランドが5つで合計約590億円、シーは2つで合計約195億円。圧倒的にランドの方が高い状況。いよいよトップ3の発表です。

第3位:タワー・オブ・テラー

総工費ランキング第3位:タワー・オブ・テラー

第3位は2006年9月4日にシーでオープンした「タワー・オブ・テラー」。フリーフォール型のアトラクションで、シーで3本の指に入る人気アトラクションです。総工費は約210億円。モンスターズインクのアトラクションが2つ作れてしまう程の超高額です。

第2位:スプラッシュ・マウンテン

総工費ランキング第2位:スプラッシュ・マウンテン

第2位は1992年10月1日にランドでオープンした「スプラッシュ・マウンテン」。「南部の唄」の世界が楽しめるアトラクションで、総工費はなんと約280億円。ただし、クリッターカントリー全体を含めての金額です。クリッターカントリーと「スプラッシュ・マウンテン」は切っても切り離せない関係なので、どうしてもこれだけの莫大な建設費がかかってしまったわけですね。

第1位:センター・オブ・ジ・アース

総工費ランキング第1位:センター・オブ・ジ・アース

第1位は2001年9月4日にシーでオープンした「センター・オブ・ジ・アース」。シーの開園と同時にオープンしたアトラクションですが、その総工費は驚愕の約380億円。ただし、これはプロメテウス火山を含めての金額です。プロメテウス火山と「センター・オブ・ジ・アース」も切っても切り離せない関係なので、どちらもまるっと含めた建設費です。

番外編:意外に総工費が安いアトラクション

意外に総工費が安いタートル・トーク

金額の高いアトラクションばかりに注目してしまいがちですが、意外にもお金があまりかかっていないアトラクションもたくさんあります。例えば、ランドの「アリスのティーパーティー」は約5億円、シーの「タートル・トーク」は約13億円と言われています。

「タートル・トーク」は安い割に人気が高く、かなりコスパのいいアトラクションとも言えます。どのアトラクションにいくらかかっているのか、見た目だけでは分からないものですね。

まとめ

総工費が高額な全10アトラクションについて紹介しましたが、ランドは6つで合計約870億円。シーは4つで合計約785億円。どちらのパークもアトラクションに莫大な費用がかかっています。中でもシーの「センター・オブ・ジ・アース」の金額がとにかく大きいですね。

プロメテウス火山やクリッターカントリーなどを除いた純粋なアトラクションベースの場合は恐らく「タワー・オブ・テラー」の約210億円がディズニーリゾートで最も高い総工費となるのではないでしょうか。

東京ディズニーリゾートで一番高い建物は・・・?」でお伝えした通り、「タワー・オブ・テラー」はディズニーリゾートで最も高い建物で、その高さ59メートル。高さもある分、建設費も莫大な額となるわけですね。

今後、これらアトラクションを超える総工費を耳にする日はくるのか気になります。


スポンサーリンク
<< ディズニーランドの入口が上り坂になっている理由 | main | 「アナと雪の女王」の登場人物の名前に隠された秘密!4人の名前をつなぎ合わせると…? >>
Topページへ|ディズニーブログ「じゃみログ」
スポンサーリンク
 スポンサーリンク
 人気ディズニー裏話
 雑学・裏話サーチ(ブログ内検索)
 Facebookページ
 スポンサーリンク





スポンサーリンク