ディズニーブログ「じゃみログ」。ディズニーランド、ディズニーシーなど、トリビア・雑学・裏話などおすすめ情報を画像つきで分かりやすく解説
 最新雑学・トリビア・裏話一覧
 最近の注目記事
 カテゴリ別人気記事ランキング
東京ディズニーランドの雑学 東京ディズニーシーの雑学 東京ディズニーリゾートの雑学 キャラクターの雑学 隠れミッキーの雑学 ディズニー/ピクサー映画の雑学 海外ディズニーの雑学 ウォルト・ディズニーの雑学 スター・ウォーズ
 雑学・トリビア・裏話 記事一覧
 ブログからのお知らせ
ディズニーの雑学・トリビア・裏話 ディズニーブログ「じゃみログ」をご覧いただき、ありがとうございます!
おかげ様で、ブログの累計PV(ページビュー)が4,000万PVを突破しました。開設当初はこれほど長くブログを続けることになるとは思っていませんでしたが、これも全て読者の皆さまあってのこと。感謝しています。これからもブログでは、多くのディズニー雑学をお届けできるよう頑張ります!
 ブログプロフィール
 ディズニーブログランキング
 リンク集
▼全て表示

ウエスタンリバー鉄道を100倍好きになる9つのポイント

2017.04.02 Sunday
このエントリーをはてなブックマークに追加
今日の順位は?→→→人気ブログランキング

ウエスタンリバー鉄道を100倍好きになる9つのポイント

1983年の開園と同時にオープンした東京ディズニーランドの大人気アトラクション「ウエスタンリバー鉄道」。鉄道好きなウォルト・ディズニーの思い入れが深いアトラクションの1つで、走行中に太古の世界にタイムスリップして恐竜と遭遇するなど、演出も非常に面白いアトラクションです。今日もウォルトの想いを乗せてアドベンチャーランド、ウエスタンランド、クリッターカントリーを颯爽と駆け抜けています。

さて、「ウエスタンリバー鉄道」はただの鉄道ではありません。ディズニーならでは様々な楽しみ方があるまさにエンターテイメントな鉄道です。今回はそんな「ウエスタンリバー鉄道」の魅力を9つご紹介します。

スポンサーリンク


ウエスタンリバー鉄道は本物の蒸気機関車!

ウエスタンリバー鉄道は本物の蒸気機関車

「ウエスタンリバー鉄道」は蒸気機関車と言われていますが、ゲストの中には本物と思っていない人も多いよう。あくまでアトラクションの設定上の話で、実際は見た目だけ蒸気機関車で、システム制御されたアトラクションではないかと。

答えは本物の蒸気機関車。 福島県の協三工業で製造されたもので、灯油を燃料とし湯を沸かし、そこから発生した蒸気を動力として走行しているのです。 19世紀にアメリカで使用されていた機関車が再現されていると言われています。

実際にキャストは加減弁(車のアクセルにあたる)を操作して蒸気の流れを調節し、速度を制御しています。蒸気機関車を正確な時間で走らせる事ができるか否かは、キャストの腕次第。リアルな蒸気機関車を用意するとはさすがは本物志向のディズニー。「ウエスタンリバー鉄道」に乗る際には本物の蒸気機関車の乗り心地を味わってみてください。

一周どれくらいの距離があるのか

ウエスタンリバー鉄道は一周どれくらいの距離があるのか

「ウエスタンリバー鉄道」はアドベンチャーランド、クリッターカントリー、ウエスタンランドの3つのテーマランドにまたがる壮大なアトラクション。本物の蒸気機関車が3つのテーマランドを走り抜ける、ディズニーリゾートの中でも非常にスケールの大きなアトラクションです。

鉄道は3つのテーマランドを約15分かけて一周します。美しいパークの景色を眺めながらゆったりと旅を楽しみますが、一周だいたいどれくらいの距離があるのでしょうか。

「ウエスタンリバー鉄道」は一周約1.6キロ。陸上のトラックは一周400メートルなのでその4倍ほどの長さ。それを15分ほどかけて一周するので、単純に考えると1分で100メートル強進むわけですね。

世界の陸上短距離選手が100メートルを10秒前後で走ることを考えるとずいぶんとゆっくりしたペースで走っています。1.6キロの中で動物やインディアンのキャンプ地、雄大なアメリカ河、そして恐竜まで見られ、非常に濃い内容です。

一周走るのに必要な水の量

ウエスタンリバー鉄道が一周走るのに必要な水の量

「ウエスタンリバー鉄道」は本物の蒸気機関車です。灯油を燃料とし湯を沸かし、そこから発生した蒸気を動力として走行しています。では、一周1.6キロ走るのにどれだけの水を必要としているのでしょうか。

「ウエスタンリバー鉄道」が一周走るのに必要な水の量はなんと2,000リットル。一般的な風呂の水量は約200リットルほどと言われている為、その10倍もの水が必要となるのです。

一日に100周以上走ると考えると1日に20万リットル以上もの水が使用されていることになります。「ウエスタンリバー鉄道」では信じられないほどの水量が必要なわけですね。

4つ蒸気機関車の名前

ウエスタンリバー鉄道の蒸気機関車の名前

「ウエスタンリバー鉄道」は19世紀にアメリカで使用されていた機関車のデザインを元にした4つの蒸気機関車。それぞれの蒸気機関車には名前が付けられています。

・ミシシッピ号
 青い車体で、番号は20。

・リオ・グランデ号
 オレンジ色の車体で、番号は25。

・ミズーリ号
 緑の車体で、番号は28。

・コロラド号
 赤い車体で、番号は53。

動物達や原住民の生活、さらに恐竜の住む太古の世界など、様々な風景が楽しめる「ウエスタンリバー鉄道」。美しい景色に目を奪われがちになりますが、乗っている蒸気機関車のデザインもチェックしてみてください。

右と左どっちに座ったほうがいい?

ウエスタンリバー鉄道は右側に座ったほうがいい

「ウエスタンリバー鉄道」に乗る時に少し迷うのが、右側に座ったほうがいいのか、左側に座ったほうがいいのか。その答えは「右側」。右側に座ったほうがより楽しめます。なぜなら右側にだいたいの見学スポットがある為。

「ウエスタンリバー鉄道」はアドベンチャーランドを出発して右回りに進行します。蒸気機関車の左はほとんどパークの外側に面し、右側はパークの内側となっている為、自然と見学スポットは右側に集中します。「ビッグサンダーマウンテン」をぐるっと回る時は左側のほうが景色が良く見えますが、それ以外はだいたい右側にメリットがあります。

先頭に乗るとゆったり

ディズニーの噂・裏技・裏話_ウエスタンリバー鉄道で先頭に乗るとかなりゆったりできる

「ウエスタンリバー鉄道」では先頭に乗れればゆったりと楽しむことができます。「ウエスタンリバー鉄道」は基本的に座席は全て進行方向を向いていますが、一番先頭の座席は反対方向を向いています。その為、一番先頭の座席と二列目の座席は向かい合わせとなっていて仕切りがなくひとつの空間となっています。

反対方向を向いた先頭の座席にゲストが案内されることは基本的になく先頭で案内されたゲストは、向かい合わせの座席(先頭と二列目)を両方使うことができます。その為、他のゲストの倍のスペースで広々と鉄道の旅が楽しめます。

先頭に案内されたらラッキーというわけですね。

ナレーションの声は誰?

ウエスタンリバー鉄道のナレーター青野武
via:www.aoni.co.jp

乗車中に流れるナレーションを聞いているとどこか親しみを感じます。どこかで聞いたことのある声。実は「ウエスタンリバー鉄道」のナレーションはよく聞いたことのあるあのナレーターの声。

1999年からウエスタンリバー鉄道のナレーションを務めているのは青野武(あおのたけし)。青野武はテレビ朝日の「報道ステーション」や「とんねるずのみなさんのおかげです」のナレーションなど様々な番組でナレーションを務めてきました。有名なのは2010年5月まで務めたちびまる子ちゃんのさくら友蔵(まる子のおじいちゃん)役。これまでナレーターや声優として幅広い活躍をしてきました。

青野武はディズニー映画の声優も数々携わったこともあります。「リトル・マーメイド」のバイアル博士、「ティンカー・ベルと月の石」のトロール、「ライオンキング3」のマックスおじさんなど。どれも脇役ではありますが、ディズニーとの長い付き合いがあるわけです。

2010年に脳梗塞で入院して以降、2年以上の闘病の末に2012年4月に亡くなりました。今も彼の声が聞けるのは「ウエスタンリバー鉄道」くらいなもの。

途中停車駅がない理由

ウエスタンリバー鉄道の停車駅が1つ
via:www.tokyodisneyresort.jp

「ウエスタンリバー鉄道」は一周グルッと回って元の場所に戻ってきます。途中で停車駅があったほうが便利だと思いませんか?移動手段としても活用できれば便利ですが、法律の問題で途中停車駅は実現しませんでした。

当時、地方鉄道法という法律の影響で、移動手段としても利用できるようにすると運賃等を定めなければなりませんでした。アトラクションに乗るのに運賃を払うなど毛頭できるはずもなく結局一周グルッと回るアトラクションとなりました。

1987年に地方鉄道法は廃止なった為、ディズニーシーの「エレクトリックレールウェイ」は移動手段としても利用できるアトラクションになっています。

「ウエスタンリバー鉄道」の恐竜が銀座に現れた!

ディズニーの噂・裏技・裏話_銀座にウエスタンリバー鉄道の恐竜が現れた
via:www.olc.co.jp

「ウエスタンリバー鉄道」の見どころの1つが太古の世界。恐竜が住む太古の世界はリアリティ溢れて迫力満点です。実はこの太古の世界の恐竜達は、かつて銀座にも出没したことがあります。

「ウエスタンリバー鉄道」の恐竜達が銀座に姿を現したのはディズニーランドがオープンした1983年よりも前のこと。太古の世界の為に製造された恐竜は次々と舞浜へ搬送されました。その搬送の際に恐竜が銀座を通過しました。

東京の中心地で恐竜が現れるとは、その場にいた人達はびっくりしたことでしょう。

まとめ

ウエスタンリバー鉄道が100倍好きになる9つのポイント_2

鉄道好きのウォルト・ディズニーの想いの詰まった「ウエスタンリバー鉄道」。「ビッグサンダーマウンテン」や「スペースマウンテン」のような派手さはありませんが、ディズニーランドをまったりと楽しめる素晴らしいアトラクションです。

ディズニーランドへインパークした際は鉄道好きのウォルトの想いが詰まった「ウエスタンリバー鉄道」で様々なトリビアを楽しんでみてはいかがでしょうか。


スポンサーリンク
<< 昼しか見られない!シンデレラ城の太陽の隠れミッキー | main | 「スプラッシュ・マウンテン」のあの3人のキャラクターが不仲の理由 >>
Topページへ|ディズニーブログ「じゃみログ」
スポンサーリンク
 スポンサーリンク
 人気ディズニー裏話
 雑学・裏話サーチ(ブログ内検索)
 Facebookページ
 スポンサーリンク





スポンサーリンク