ディズニーブログ「じゃみログ」。ディズニーランド、ディズニーシーなど、トリビア・雑学・裏話などおすすめ情報を画像つきで分かりやすく解説
 最新雑学・トリビア・裏話一覧
 最近の注目記事
 カテゴリ別人気記事ランキング
東京ディズニーランドの雑学 東京ディズニーシーの雑学 東京ディズニーリゾートの雑学 キャラクターの雑学 隠れミッキーの雑学 ディズニー/ピクサー映画の雑学 海外ディズニーの雑学 ウォルト・ディズニーの雑学 スター・ウォーズ
 雑学・トリビア・裏話 記事一覧
 ブログからのお知らせ
ディズニーの雑学・トリビア・裏話 ディズニーブログ「じゃみログ」をご覧いただき、ありがとうございます!
おかげ様で、ブログの累計PV(ページビュー)が4,000万PVを突破しました。開設当初はこれほど長くブログを続けることになるとは思っていませんでしたが、これも全て読者の皆さまあってのこと。感謝しています。これからもブログでは、多くのディズニー雑学をお届けできるよう頑張ります!
 ブログプロフィール
 ディズニーブログランキング
 リンク集
▼全て表示

持っていると安心な迷子シールとは…?

2011.11.09 Wednesday
このエントリーをはてなブックマークに追加
第356回、ブログテーマ『ディズニーの噂・裏技・裏話』。
TDRをはじめとするディズニーの豆知識・雑学・秘密など、Disneyトリビアをお届けします。

ディズニーの噂・裏技・裏話_持っていると安心な迷子シールとは

ディズニーの噂・裏技・裏話 第355回「パーク内で迷子の館内放送がされないのはなぜか・・・?」では、パーク内で迷子の子供が出た場合の対応についてお伝えしました。
キャストがすぐに対応してくれることは大変安心ですね。

しかし、子供がいなくなったことに親が気付かない場合もあります。
例えば、ショーを見ている途中、いつの間にか子供の姿がなくなっているなど。
子供が迷子になったら、1分1秒でも早くキャストに助けを求めたいものの、このような場合は子供が迷子になってから迷子の申し出まで少し時間が空いてしまいます。

実はディズニーリゾートでは、親からの申し出がない場合でも、迷子の親を特定できる仕組みが用意されています。
一体どのような仕組みなのでしょうか。

スポンサーリンク


ディズニーの噂・裏技・裏話_迷子シール

その仕組みとは、迷子シール
迷子シールには、子供の名前・年齢と、親の携帯電話番号を記入する欄があります。
記入したら、目隠し用のシールを上からかぶせ、子供のバッグや衣類など、剥がれづらい所に貼ります。

もし小さな子供が一人でパーク内をうろうろしていると、キャストが気付いて歩み寄ります。
そんな時に、迷子シールが貼られていれば、すぐに親の携帯電話に電話がかかり、無事に迷子を親の元へ戻すことができるわけですね。

ちなみに、迷子シールはミッキーとミニーが用意されています。
とても可愛らしいデザインですね。
子供がはぐれてしまわないか心配な方は、一度迷子センターなどに立ち寄って迷子シールを貰ってみてはいかがでしょうか。


スポンサーリンク
<< パーク内で迷子の館内放送がされないのはなぜ…? | main | 東京ディズニーリゾートに救急車が待機している…? >>
Topページへ|ディズニーブログ「じゃみログ」
スポンサーリンク
 スポンサーリンク
 人気ディズニー裏話
 雑学・裏話サーチ(ブログ内検索)
 Facebookページ
 スポンサーリンク





スポンサーリンク