ディズニーブログ「じゃみログ」。ディズニーランド、ディズニーシーなど、トリビア・雑学・裏話などおすすめ情報を画像つきで分かりやすく解説
 最新雑学・トリビア・裏話一覧
 最近の注目記事
 カテゴリ別人気記事ランキング
東京ディズニーランドの雑学 東京ディズニーシーの雑学 東京ディズニーリゾートの雑学 キャラクターの雑学 隠れミッキーの雑学 ディズニー/ピクサー映画の雑学 海外ディズニーの雑学 ウォルト・ディズニーの雑学 スター・ウォーズ
 雑学・トリビア・裏話 記事一覧
 ブログからのお知らせ
ディズニーの雑学・トリビア・裏話 ディズニーブログ「じゃみログ」をご覧いただき、ありがとうございます!
おかげ様で、ブログの累計PV(ページビュー)が4,000万PVを突破しました。開設当初はこれほど長くブログを続けることになるとは思っていませんでしたが、これも全て読者の皆さまあってのこと。感謝しています。これからもブログでは、多くのディズニー雑学をお届けできるよう頑張ります!
 ブログプロフィール
 ディズニーブログランキング
 リンク集
▼全て表示

アメリカよりも東京ディズニーリゾートのキャストの方がゲストの写真撮影に積極的…?

2011.08.10 Wednesday
このエントリーをはてなブックマークに追加
第263回、ディズニーの噂・裏技・裏話。
ディズニーのトリビア・雑学・秘密などなど、ちょっとしたうんちくをお届けするコーナーです。

ディズニーの噂・裏技・裏話_アメリカよりも東京ディズニーリゾートのキャストの方がゲストの写真撮影に積極的
引用:31.media.tumblr.com

東京ディズニーリゾートでは、ふとカメラを取り出し撮影しようとした時、キャストが「撮りましょうか?」と声をかけてくれます。
キャストはゲストの写真撮影のお手伝いに積極的。
ゲストの思い出作りのお手伝いでもある為、仕事の手を止めてでもゲストの写真撮影を優先します。
キャストはいつでも素晴らしい対応をしてくれます。

実はこの写真撮影の手伝い。
本場アメリカのディズニーよりも、日本のディズニーのほうが積極的と言われています。
一体なぜ日本の方が積極的なのでしょうか。

スポンサーリンク


ディズニーの噂・裏技・裏話_アメリカのディズニーランド
引用:Disneyland Park|Disneyland Resort

それは、文化の違い。
アメリカは言わずと知れた訴訟大国。
何かあると裁判が起きます。
日本と比べてもその頻度は明らか。

このような背景がある為、アメリカのディズニーランドではキャストが積極的にゲストの元に歩み寄り、写真撮影のお手伝いをしづらい部分があるのです。
なぜなら、もしゲストのカメラを壊してしまったら訴訟問題に発展する可能性がある為。
ヘタにカメラを壊してしまっては非常に面倒なことになってしまうのです。
一方、日本ではそのような心配はほとんどありません。

だからといってアメリカのキャストがまったく写真撮影をしてくれないというわけではありません。
日本と比べればという話であって、写真撮影の手伝いは快くやってくれます。

お国柄の違いがこのようにキャストの行動にも若干影響があるということですね。
アメリカのディズニーランドに行く際は、日本との違いを感じながら回るのも楽しみ方の1つ、かもしれませんね。


スポンサーリンク
<< キャストがピースをしてはいけない理由 | main | エレクトリカルパレードのジーニーフロートは何種類に変化するのか…? >>
Topページへ|ディズニーブログ「じゃみログ」
スポンサーリンク
 スポンサーリンク
 人気ディズニー裏話
 雑学・裏話サーチ(ブログ内検索)
 Facebookページ
 スポンサーリンク





スポンサーリンク