ディズニーブログ「じゃみログ」。ディズニーランド、ディズニーシーなど、トリビア・雑学・裏話などおすすめ情報を画像つきで分かりやすく解説
 最新雑学・トリビア・裏話一覧
 最近の注目記事
 カテゴリ別人気記事ランキング
東京ディズニーランドの雑学 東京ディズニーシーの雑学 東京ディズニーリゾートの雑学 キャラクターの雑学 隠れミッキーの雑学 ディズニー/ピクサー映画の雑学 海外ディズニーの雑学 ウォルト・ディズニーの雑学 スター・ウォーズ
 雑学・トリビア・裏話 記事一覧
 ブログからのお知らせ
ディズニーの雑学・トリビア・裏話 ディズニーブログ「じゃみログ」をご覧いただき、ありがとうございます!
おかげ様で、ブログの累計PV(ページビュー)が4,000万PVを突破しました。開設当初はこれほど長くブログを続けることになるとは思っていませんでしたが、これも全て読者の皆さまあってのこと。感謝しています。これからもブログでは、多くのディズニー雑学をお届けできるよう頑張ります!
 ブログプロフィール
 ディズニーブログランキング
 リンク集
▼全て表示

待ち列がQラインと呼ばれている理由

2017.02.08 Wednesday
このエントリーをはてなブックマークに追加
今日の順位は?→→→人気ブログランキング

待ち列がQラインと呼ばれている理由_ゲストで賑わうディズニーリゾート

多くのゲストで賑わう東京ディズニーリゾート。休日ともなると身動きが取れなくなるほど大混雑します。そんな中、人気のアトラクションに乗ろうとすると立ちはだかるのが長蛇の列。ディズニーランドのアトラクション「モンスターズ・インク“ライド&ゴーシーク!”」は、オープンした2009年4月15日に最高で5時間30分というとんでもない待ち時間を記録しました。

ところで、休日はどうしても避けて通れない待ち列ですが、ディズニーではこの待ち列はQラインと呼ばれています。一体なぜQラインと呼ばれているのでしょう。Qとはどういう意味なのでしょうか。

スポンサーリンク


ディズニーランドの最高待ち時間

プーさんのハニーハント

東京ディズニーランドで最も長い待ち時間記録を持つアトラクションは「プーさんのハニーハント」。その時間はなんと480分(8時間)。サラリーマンの1日の勤務時間が8時間程と考えると異常な長さです。当然Qラインも異常な長さとなりました。プーさん人気の高さを物語っていますね。

ディズニーシーの最高待ち時間

トイ・ストーリー・マニア

東京ディズニーシーで最も長い待ち時間記録を持つアトラクションは「トイ・ストーリー・マニア」。プーさんを超える500分(8時間20分)を記録しました。8時間もあれば「シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ」に30回くらい乗れそうなもの。オープンしたばかりの頃とはいえ、500分は信じられない待ち時間でした。

Qラインの意味

待ち列がQラインと呼ばれている理由

列を作って待つという意味を持つ「queue(キュー)」という英単語。この言葉がQラインの元となっています。この queue の頭文字をとってQライン。名前の由来は至ってシンプルです。

多くのゲストで混雑している日はQラインで過ごす時間も多くなってきます。しかし「インディ・ジョーンズ・アドベンチャーの待ち列にあの有名経営者の写真が・・・?」などでもお伝えしたように、Qラインにはいろいろな仕掛けが隠されています。

待ち時間でも楽しめるようにディズニーでは様々な工夫がされているわけですね。

まとめ

アトラクションの楽しみ方は、ライド(乗り物)に乗ることだけではありません。Qラインをじっくり観察すると、いろいろなディズニーの秘密が垣間見えてきます。待ち時間を有効に使う。これもディズニーリゾートの醍醐味です。


スポンサーリンク
<< 東京ディズニーランドのオープン当時の入園料はいくら?パスポート代の歴史! | main | ディズニーランド・シーのアトラクション総工費(建設費用)ランキングTOP10 >>
Topページへ|ディズニーブログ「じゃみログ」
スポンサーリンク
 スポンサーリンク
 人気ディズニー裏話
 雑学・裏話サーチ(ブログ内検索)
 Facebookページ
 スポンサーリンク





スポンサーリンク