ディズニーブログ「じゃみログ」。ディズニーランド、ディズニーシーなど、トリビア・雑学・裏話などおすすめ情報を画像つきで分かりやすく解説
 最新雑学・トリビア・裏話一覧
 最近の注目記事
 カテゴリ別人気記事ランキング
東京ディズニーランドの雑学 東京ディズニーシーの雑学 東京ディズニーリゾートの雑学 キャラクターの雑学 隠れミッキーの雑学 ディズニー/ピクサー映画の雑学 海外ディズニーの雑学 ウォルト・ディズニーの雑学 スター・ウォーズ
 雑学・トリビア・裏話 記事一覧
 ブログからのお知らせ
ディズニーの雑学・トリビア・裏話 ディズニーブログ「じゃみログ」をご覧いただき、ありがとうございます!
おかげ様で、ブログの累計PV(ページビュー)が4,000万PVを突破しました。開設当初はこれほど長くブログを続けることになるとは思っていませんでしたが、これも全て読者の皆さまあってのこと。感謝しています。これからもブログでは、多くのディズニー雑学をお届けできるよう頑張ります!
 ブログプロフィール
 ディズニーブログランキング
 リンク集
▼全て表示

ディズニーリゾートの花火が中止になる3つの理由

2016.04.15 Friday
このエントリーをはてなブックマークに追加
今日の順位は?→→→人気ブログランキング
 
ディズニーリゾートの花火が晴れてても中止になる3つの理由

パークで一日の最後のお楽しみといえば東京ディズニーリゾートの夜空に光り輝く花火。この大迫力な花火をより一層盛り上げるのがディズニーの音楽。光と音の華やかなコラボでゲストの気分は最高潮に達します。

いつ見ても楽しい花火ですが、雨が降った日は残念ながら中止となります。さすがに雨が降ってしまったら諦めがつきますよね。しかし、中止になるのは雨の日だけではありません。晴れていても時折花火が中止になってしまうことがあります。晴れているのに中止と言われると「えっ」っとショックも大きいですよね。そもそも、どんな基準で花火は中止となるのでしょうか。

スポンサーリンク
 
ディズニーリゾートの花火が晴れてても中止になる3つの理由_2

花火が中止となる場合の条件はいくつかあります。代表的なものを3つピックアップすると次の通り。
 

天候が雨の場合

雨が降ったら当然中止。花火は濡れたら使い物になりません。
 

上空の風が10メートルを超すような強い風の場合

強風の場合も中止になります。ディズニーではありませんが、過去に強風の日に花火大会を強行して、花火が草木に燃え移って大火事になるといった事件も起きています。強風の場合は注意が必要です。
 

風向きが南風(南方から来る風)の場合

雨や強風の場合はやむを得ないとして、南風の場合はなぜ中止になるのでしょうか。それは、舞浜近隣に住んでいる住民への配慮の為。過去に花火の燃えカスなどが風に流され民家まで飛んでしまい、クレームとなったこともありました。それ以来住民への影響も考慮し、花火の実行基準を厳しくしたのです。

夏場は南風が吹くことが割合的に多いそうです。梅雨と南風の影響で、夏場の花火は中止になりやすいわけですね。ちなみに、花火の打ち上げ場所は「スプラッシュ・マウンテン」から割と近い位置にあります。この位置からの打ち上げでも、風が強いと民家にまで燃えカスが飛んでいってしまうとは。風の日は要注意なわけですね。


スポンサーリンク
<< 「トイ・ストーリー」の元となったピクサー作品「ティン・トイ」とは | main | 「ピーター・パン」の実写映画化が決定! >>
Topページへ|ディズニーブログ「じゃみログ」
スポンサーリンク
 スポンサーリンク
 人気ディズニー裏話
 雑学・裏話サーチ(ブログ内検索)
 Facebookページ
 スポンサーリンク





スポンサーリンク