ディズニーブログ「じゃみログ」。ディズニーランド、ディズニーシーなど、トリビア・雑学・裏話などおすすめ情報を画像つきで分かりやすく解説
 最新雑学・トリビア・裏話一覧
 最近の注目記事
 カテゴリ別人気記事ランキング
東京ディズニーランドの雑学 東京ディズニーシーの雑学 東京ディズニーリゾートの雑学 キャラクターの雑学 隠れミッキーの雑学 ディズニー/ピクサー映画の雑学 海外ディズニーの雑学 ウォルト・ディズニーの雑学 スター・ウォーズ
 雑学・トリビア・裏話 記事一覧
 ブログからのお知らせ
ディズニーの雑学・トリビア・裏話 ディズニーブログ「じゃみログ」をご覧いただき、ありがとうございます!
おかげ様で、ブログの累計PV(ページビュー)が4,000万PVを突破しました。開設当初はこれほど長くブログを続けることになるとは思っていませんでしたが、これも全て読者の皆さまあってのこと。感謝しています。これからもブログでは、多くのディズニー雑学をお届けできるよう頑張ります!
 ブログプロフィール
 ディズニーブログランキング
 リンク集
▼全て表示

Mr.インクレディブルで制作に2〜3ヶ月もかかったなにげないワンシーンとは…?

2010.12.01 Wednesday
このエントリーをはてなブックマークに追加
第113回、ディズニーの噂・裏技・裏話。
ディズニーのトリビア・雑学・秘密などなど、ちょっとしたうんちくをお届けするコーナーです。

ディズニーの噂・裏技・裏話_Mr.インクレディブルで制作に2〜3ヶ月もかかったなにげないワンシーン
引用:blog-imgs-47.fc2.com

初めて人間社会の物語を描いたMr.インクレディブル
ピクサー作品はフルCGで制作されるわけですが、映画を観る側からすると、人間だろうと動物だろうと自然だろうと、制作の手法はさほど変わらないと思う方も多いのではないでしょうか。

しかし、描くシーンによって求められる技術はまったく異なります。
例として、Mr.インクレディブルのあるワンシーンを紹介します。
紹介するシーンは、監督のブラッド・バードいわくCGの作り手にとって最も難しい場面とのこと。
どんな場面なのでしょうか。

スポンサーリンク


ディズニーの噂・裏技・裏話_Mr.インクレディブルのワンシーン

Mr.インクレディブルことボブ・パーがやぶれたヒーロースーツを手に取ります。

ディズニーの噂・裏技・裏話_Mr.インクレディブルのワンシーン2

そして、やぶけてしまったスーツの穴に手を通しています。

まったく難しそうには見えないシーンですが、このシーンの制作だけでなんと2〜3ヶ月もかかったのです。最も優秀なスタッフを投入してこの期間です。
あまりに技術的に難しいシーンの為、いくつか代替案も考えられました。

・服を持ってセリフで穴が空いていることを説明する
・顔を映してごまかす

しかし、ブラッド・バードは、ボブ・パーがスーツを直したくなる気持ちを表現する上で重要なシーンという理由で、妥協しませんでした。

プログラミングというのはとても奥が深い。
一見簡単に実現できそうなものなのに、ハードルがやたら高いということはよくあります。
逆に、難しそうでいて意外とあっさり実現できてしまうこともよくあります。

このように高いハードルに挑戦し続けることで、ピクサーの技術レベルは日々向上しています。
進化し続けるピクサー。今後の作品がますます楽しみになってきますね。


スポンサーリンク
<< Mr.インクレディブルに登場するダッシュの声優も猛ダッシュしていた…? | main | Mr.インクレディブルがワインメーカーに反対された…? >>
Topページへ|ディズニーブログ「じゃみログ」
スポンサーリンク
 スポンサーリンク
 人気ディズニー裏話
 雑学・裏話サーチ(ブログ内検索)
 Facebookページ
 スポンサーリンク





スポンサーリンク