ディズニーブログ「じゃみログ」。ディズニーランド、ディズニーシーなど、トリビア・雑学・裏話などおすすめ情報を画像つきで分かりやすく解説
 最新雑学・トリビア・裏話一覧
 最近の注目記事
 カテゴリ別人気記事ランキング
東京ディズニーランドの雑学 東京ディズニーシーの雑学 東京ディズニーリゾートの雑学 キャラクターの雑学 隠れミッキーの雑学 ディズニー/ピクサー映画の雑学 海外ディズニーの雑学 ウォルト・ディズニーの雑学 スター・ウォーズ
 雑学・トリビア・裏話 記事一覧
 ブログからのお知らせ
ディズニーの雑学・トリビア・裏話 ディズニーブログ「じゃみログ」をご覧いただき、ありがとうございます!
おかげ様で、ブログの累計PV(ページビュー)が4,000万PVを突破しました。開設当初はこれほど長くブログを続けることになるとは思っていませんでしたが、これも全て読者の皆さまあってのこと。感謝しています。これからもブログでは、多くのディズニー雑学をお届けできるよう頑張ります!
 ブログプロフィール
 ディズニーブログランキング
 リンク集
▼全て表示

ナイトメアー・ビフォア・クリスマスは1分のシーン撮影に1週間かかった…?

2010.10.26 Tuesday
このエントリーをはてなブックマークに追加
第83回、ディズニーの噂・裏技・裏話。
ディズニーのトリビア・雑学・秘密などなど、ちょっとしたうんちくをお届けするコーナーです。

ディズニーの噂・裏技・裏話_ナイトメアー・ビフォア・クリスマスは1分のシーン撮影に1週間かかった
引用:eiga.com

1993年に公開された、ファンタジーなクリスマスとホラーなハロウィンの世界がマッチした映画「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」。
ハロウィンタウンの王、ジャック・スケリントンがクリスマスタウンに憧れ大騒動を巻き起こすとても愉快で楽しい奇妙な物語です。

このナイトメアー・ビフォア・クリスマスを作成した手法は、ストップモーション・アニメーションと呼ばれています。
粘土などを材料として作られた被写体を、1コマ1コマ動かしては撮影、動かしては撮影を繰り返すとても地道な作業です。

なんと、ナイトメアー・ビフォア・クリスマスは1週間作業をして、わずか1分間分の撮影しかできないのです。
一体、撮影にはどのような苦労があったのでしょうか。

スポンサーリンク


ディズニーの噂・裏技・裏話_ナイトメア・ビフォア・クリスマス

驚くのは1秒あたりの撮影コマ数。
なんと、1秒あたり24コマ必要となります。
つまり1秒でキャラクターは24のポーズをとるわけです。

では、1分の映像を撮影するのに、何コマ必要なのでしょうか。
単純に計算すると 60秒×24コマ=1,440コマ。
なんとたった1分の映像を作成する為には、1,440回も撮影が必要となるのです。
もちろん、毎度毎度一発OKというわけにもいかないので、回数はもっと増え撮影は非常に過酷なものとなります。

しかも、キャラクターの顔については、手足のように少し位置を調整するだけというわけにはいかず、喋るセリフや感情に伴い、顔を入れ替える必要があるのです。
主人公のジャックについては、頭部は400個も用意されています。
一定間隔毎にまばたきを入れるなどの細かい作業も途方もない苦労だったことでしょう。

1分の映像を撮影する為にかかる期間は、驚きの1週間
何気なく見ている映像の1コマ1コマにはスタッフの苦労がたくさん詰まっています。
こんなことを意識しながら作品を見ると、映画を違った視点で楽しむことができるわけですね。


スポンサーリンク
<< ミッキーよりも早くデビューしていたディズニーキャラとは…? | main | パイレーツ・オブ・カリビアンのアステカの宝箱はどこへ消えた…? >>
Topページへ|ディズニーブログ「じゃみログ」
スポンサーリンク
 スポンサーリンク
 人気ディズニー裏話
 雑学・裏話サーチ(ブログ内検索)
 Facebookページ
 スポンサーリンク





スポンサーリンク