ディズニーブログ「じゃみログ」。ディズニーランド、ディズニーシーなど、トリビア・雑学・裏話などおすすめ情報を画像つきで分かりやすく解説
 最新雑学・トリビア・裏話一覧
 最近の注目記事
 カテゴリ別人気記事ランキング
東京ディズニーランドの雑学 東京ディズニーシーの雑学 東京ディズニーリゾートの雑学 キャラクターの雑学 隠れミッキーの雑学 ディズニー/ピクサー映画の雑学 海外ディズニーの雑学 ウォルト・ディズニーの雑学 スター・ウォーズ
 雑学・トリビア・裏話 記事一覧
 ブログからのお知らせ
ディズニーの雑学・トリビア・裏話 ディズニーブログ「じゃみログ」をご覧いただき、ありがとうございます!
おかげ様で、ブログの累計PV(ページビュー)が4,000万PVを突破しました。開設当初はこれほど長くブログを続けることになるとは思っていませんでしたが、これも全て読者の皆さまあってのこと。感謝しています。これからもブログでは、多くのディズニー雑学をお届けできるよう頑張ります!
 ブログプロフィール
 ディズニーブログランキング
 リンク集
▼全て表示

ホーンテッドマンションの伸びる部屋の仕組みとは…?

2010.06.25 Friday
このエントリーをはてなブックマークに追加
今日の順位は?→→→人気ブログランキング
 
ホーンテッドマンションの伸びる絵の仕組み

東京ディズニーランドの大人気ホラー系アトラクション「ホーンテッドマンション」。椅子型のライドに乗る前、暗い部屋を歩きますよね。その時に入る部屋の1つが八角形の伸びる部屋。部屋の周りを見渡すと4枚のごくごく普通の肖像画が壁にかけられています。ここで、不気味な音楽とともに聞こえてくるのが案内人ゴーストホストの低い声。

「この不思議な気配を諸君は感じただろうか。部屋が伸びているのか、それとも諸君の目の錯覚なのか。よく見るがいい」

このセリフとともに壁にかけられた4枚の肖像画が不気味に少しずつ伸びていき、伸びていくにつれ、徐々に全体が見えてきます。一見平和だった肖像画は実はとても恐ろしい絵。これらの肖像画は、描かれた人達の最後の姿を描いたものだと言われています。一体、伸びる部屋のトリックはどのような仕組みとなっているのでしょうか。

スポンサーリンク
 
ディズニーの噂・裏技・裏話_ホーンテッドマンション

ホーンテッドマンションの肖像画はどれも不気味です。

・ワニの上を綱渡りしている若い女性
・殺害した夫の墓に不気味な笑みを浮かべながら座っている婦人
・ダイナマイトの上に立っている中年の男性
・底なし沼に飲み込まれていく男達

ではこの伸びる絵、一体どんなトリックなのでしょうか。答えは簡単。天井が伸びているのです。天井が伸びることによって隠れていた絵の下の部分が徐々に見えてくるわけですね。

では、ここで一番の疑問。肖像画のフチが伸びるのはなぜでしょう。フチは伸びるわけないですよね。でも伸びています。なぜでしょうか。肖像画の上下のフチは本物で、左右のフチは「」だからです。フチも天井が伸びてただ隠れている部分が徐々に見えていっただけ。ホーンテッドマンションに乗る際はぜひ目を凝らして見てみてください。


スポンサーリンク
<< キャストは30秒も手を洗う…? | main | ホーンテッドマンションの待ち時間表示が13分になる理由 >>
Topページへ|ディズニーブログ「じゃみログ」
スポンサーリンク
 スポンサーリンク
 人気ディズニー裏話
 雑学・裏話サーチ(ブログ内検索)
 Facebookページ
 スポンサーリンク





スポンサーリンク